Marie ring – amethyst

¥18,000

■サイズ
9号(Japan)
J(UK)
5(US)

■素材
アメジスト 8mm

■地金
SV950 | シルバー950

在庫あり

商品コード: r20190711 商品カテゴリー: , 商品タグ: , , , ,

説明

オリーブの実のように鮮やかで艶のあるアメジストをひと粒トップに添えた銀のリング。
アメジストは透明度が高く8mmサイズの存在感ある1点ものです。

宝石の周りを銀の装飾で囲み石の周りにオリーブの葉と花模様を入れました。
銀の装飾に映える植物柄はヨーロッパのアンティークジュエリーから。
時と共に銀の色合は変化しアンティークな雰囲気を醸し出します。

コチラのリングは銀の白い輝きを生かした作品です。
時が経つと共にシルバーの特性によりサイドに入れた植物の模様は黒ずみはじめ柄が際立ってきます。時の流れと色の移り変わりで更に美しくなるよう計算して模様を彫り込んでいます。銀の経年変化を楽しみお客様の元で育てていただければと思います。

【Marie collection】
フランス国王ルイ16世の王妃マリー・アントワネットから名づけたジュエリーコレクション
ぐるっと一周シノワズリ柄を入れました。18世紀のフランスを感じる立体感のある銀細工はアンティークな仕上がりです。

■chinoiserie|シノワズリとは
シノワズリは17世紀半ばから18世紀にかけてヨーロッパで大流行した美術様式。オリエンタルな柄と植物や花をモチーフにした繊細な柄が特徴です。

ベースとなる柄は作家自身がマリー・アントワネットが住んでいたフランスのベルサイユ宮殿を訪れた際に目にした装飾美術品をモチーフにしています。

制作には地金にシルバー950を使い一つひとつ手作りでシノワズリの柄を入れています。植物の持つしなやかな曲線と力強い生命力を表現した繊細な柄が特徴です。

■銀の特性
Marina.のジュエリーは経年経過による銀の変化を良いものと捉えます。
銀の特性で時間が経つと柄の輪郭は影のような黒味を帯び柄が際立ってきます。経年変化がスパイスとなり味わい深い魅力に変わっていく。人と同じように時を重ねることで味わいがでる…それが銀の美しさなのです。

ジュエリーは世代を越えて愛されるもの。
時を重ね変わり行く様こそが銀の美しさ。
作家の手で生まれたジュエリーをお客様の元で育てて下さい。

宝石は長く愛用いただき持ち主の思い出をジュエリーに重ねることで本物の宝物になっていく…私はそう感じています。本当の宝はそのモノに重なる思い出…。私が作ったジュエリーが人生の思い出の一部になれたら幸いです。

Translate »
error: Content is protected !!